KRSの片岡です

やっと念願のホームページが持てました。
サーキットでは皆さんとゆっくりお話できる時間があまりなかったので
なんとかコミニケーションをとる方法として選んだのがネットでした

KRSの走行会に来て頂いている95パーセント以上の人達は
ほかのショップさんのお客様であったり生粋のプライベーターであったりするので
KRSから積極的にアプローチする事は今まで避けていました。
又、KRSは現在カー雑誌等の広告をほとんど出していませんので
店の場所やどんな事を主体にやっているショップなのかも
知らなかった人が大半だとおもいます

KRSは正式名称片岡レーシングサービスなんですが長ったらしいので
「ケーアールエス」、で古いカーボーイ誌やオートワークス誌に広告を
出していた頃には 「ベストカークラブKRS」でした

(結構、マニアックな旧車を写真で載せていたので暇な方は、探してください)

その頃は、一世を風靡した公認車検がメインの仕事でした
とにかくブームの最中でもありとっても忙しくいろいろなお客様や
チューニングショップさんの知り合いが一気に増えました

知っている人も多いと思いますが、L型エンジン等のメカチューンに
どっぷりはまっていたのもこの頃です。
でもそんな時代も、規制緩和の波とともに終わりを告げ
メインの仕事がだんだん減ってきました

ちょうどそんな頃に、すぐ近くにサーキット場が出来る計画が持ち上がったんです
今思えば、正にグッドタイミングでした
片岡は前々から走行会の主催をやってみたかったんです
20才の頃から中山サーキットやTIサーキットの走行会に参加する側で走ってきました

でも、主催者側の都合やサーキットの都合やその他モロモロの事情もあると思いますが
「金返せっ!!」て言いたくなる走行会もありました
逆に充実した気持ち、満足感で帰り道も楽しく思える走行会も沢山ありました

とにかく「片岡が参加する立場で走って楽しい走行会を主催する」これが目標でした
でも最初は思考錯誤の連続で、走りにくくて途中で怒って帰られた方も実際何人もいました
思った様に台数が集まらなかった事も結構ありました
多種多様な車と、サーキット走行初心者からエキスパートまで全部ひっくるめて
同時に走らせれば 混乱は避けれません
こんな当たり前の事もいざ自分で主催してみるまでわかりませんでした
クラス分け、募集告知の問題、走行時間や予戦等、問題はいくらでも出てきます
でも少しずつですが、良い方向に向かっていると思っています


ホント皆さんのお陰で、ちょっとだけですが胸を張って自慢できる走行会になったとおもいます


話しは変わりますがKRSでは走行会主催のほかパーツ販売から取りつけや
公認車検、改造車の車検、エンジンチューニングからサーキットメンテまで
特に今まで実戦での経験で培ったキャブセッティングや足廻りのセッティング
数え切れないほど組んだ4AG、A型、L型らのメカチューンには絶対的な自信ありです
気軽にご相談下さいきっと役に立てる事があると思います


この春でKRSも10年です いままで本当にありがとうございます
そしてまたこれからも宜しくお願いします



片岡レーシングサービス 代表    片岡 博志

TOPページへ